広島の太陽光発電の補助金制度の利用方法と流れ

公開日:2021/01/15  最終更新日:2020/12/21


この記事では、広島県で太陽光発電設備および管理システムを導入するにあたり受けることができる補助金制度と利用方法について解説します。補助金制度は自治体によって異なるため、地域ごとに紹介しましょう。太陽光発電の導入に関する補助金は、受付期間内であっても予算額や所定人数に達すると終了することがありますので、ご注意ください。

東広島市にお住まいの方が受けられる補助金制度

東広島市では住宅用太陽発電システムを導入すると、補助対象経費の20分の1の助成を受けられます(ただし、上限額は25,000円)。募集期間は令和2年4月6日から令和3年2月26日までとなっています。太陽発電システムは住宅用エネルギー管理システム(HEMS)と合わせて設置すること、あるいはHEMSであることが補助の条件となっています。

住宅用エネルギー管理システムとはホームエネルギーマネジメントシステムの略で、家庭で使われる電力を節約するための総合管理システムのことです。家電につなぎ、現在の電力量をモニターで見えるようにしたり自動制御したりすることで節電を図ります。東広島では、この住宅用エネルギー管理システムの導入についても、補助金を出しています。

具体的には補助金対象経費の2分の1(ただし上限額は50,000円)で、募集期間は令和2年4月6日から令和3年2月26日までです。補助金対象経費とは、最も無駄なく設備投資をした時の経費のことです。つまり、本来の目的とは異なる設備を追加した部分については補助金対象経費から外れます。

今回のケースの補助対象経費とは、電力販売事業者が太陽光発電システムの購入及び設置に要した費用に限られます。また、それらにかかる事務経費、手数料、および消費税については、補助対象経費とはなりませんので、ご注意ください。

江田島市にお住まいの方が受けられる補助金制度

江田島市では、太陽光発電設備(家庭用・住宅用のもの)を導入すると、1件あたり70,000円の助成が受けられます。募集期間は令和2年4月1日から令和3年3月10日までとなっています。

対象者は江田島市内に現在居住している、あるいはこれから居住する予定の方、もしく太陽光発電管理システムもしくは省エネ設備付き住宅を購入する方となっています。店舗・事務所等と兼用の住宅でも構いません。

加えて、まだ住居に太陽光発電システムを設置していない方やまたは太陽光発電システムもしくは省エネ設備付き住宅を購入する前の方となっています。ただし、すでに購入してしまったり設置してしまったりした人は対象外となりますので、気をつけましょう。また、自ら電力会社と電灯契約を締結し、かつ余剰電力の受給契約を締結する個人である必要があります(法人事業者は助成を受けられません)。

設置する建物や所有物がない場合(賃貸等)は、書面による所有者の設置承諾を受けていることとなっており、大家、もしくは管理会社の事前の承諾が必要となります。市税、市の各種徴収金等の滞納がないことも条件です(税金を滞納している方は対象外)。申請期間は上のとおりですが、必ず、設置前に申請を行いましょう。補助対象設備についても基準が設けられているため、自治体のホームページで事前に確認してください。補助対象経費とならないものを設置しても助成は受けられませんので注意が必要です。

大崎上島にお住まいの方が受けられる補助金制度

大崎上島では、自ら居住する住宅に太陽光発電システムを設置する住民を支援しています。補助対象となるのは町内のご自身の住居、または居住を予定している住居に太陽光発電システムを設置した場合、もしくはシステムが設置された町内の建売住宅を購入する場合に限られます。また、システムは10kW未満の太陽光発電システムに限られますので注意が必要です。募集件数にも限りがあり4件までとなっています。助成金額は補助対象事業1件あたり50,000円です。

補助金申請の流れは、まず、補助金交付申請に必要な書類を役場本町総務企画課企画調整係まで提出してください。申請受付期間は令和2年4月1日から令和3年3月31日までとなっています。必要な種類は役場ホームページで確認ができます。ただし、住宅に対象システムを設置する前に申請が必要です。

システム付き住宅を購入する場合も、契約前に補助金申請をする必要がありますので、注意しましょう。申請が完了したら、町から交付決定通知書または不交付決定通知書が届きます。交付が決まり、対象システムの設置が完了したら、その日から数えて30日以内に、もしくは令和3年3月31日のいずれか早い日までに、完成したカラー写真などを含む各種書類を提出する必要があります。つまり遅くとも令和3年3月31日までに提出が必要となりますので忘れないようにしてください。

 

広島県内で太陽光発電システムを導入すると補助金を受けられる自治体は東広島市、江田島市、大崎上島町の3件となっています(2020年10月26日現在)。いずれも設置前に申請が必要で、設置後には完成を証明する写真等の書類が必要です。助成の対象となるには各種条件がありますので、自治体のホームページで確認してください。

【広島】太陽光発電販売・施工業者ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名朝日ボイラーシステムsawada円福寺三州屋サンライズ
特徴相談からの成約率86%の地域密着の会社環境商材の専門店として利用者と真摯に向き合う安心価格と今まで培ってきたノウハウが強み「創造に一途」を社訓にした、成長し続ける会社近畿地方や中国地方、四国地方の地域に根付いたサポート
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
太陽光発電販売・施工業者ランキング!